ToyCamera photo
2011.03    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31.03.2011
comment:0
trackback:0
2011.3.11 東北地方太平洋沖地震【いわき市】⑤
>> 未分類 / Theme:東北地方太平洋沖地震 / Genre:日記
3月15日

朝から義父の会社へ行く。

ただ、このころは
原発もそうとう酷い状況にあった。
テレビで見る限りはそうだと、日本中の人は知っていると思う。
だけど、まさに福島県にいる人は
どうしていいのかわからない状態だったと私は思います。

本当に、あの屋内退避圏内だけの指示で
大丈夫なのか?

本当は、もっと広いんじゃないのか?

水素爆発が続いたり
燃料棒がどうのこうのって言ったり
放射線量が○○マイクロシーベルトとか

毎日の様にテレビで流れ・・・

ただちに人体に影響を及ぼす値ではないとか・・・

って事は将来は?



そんな不安な状況で
みんな情緒は不安定だったと思う。



義父・母に避難するようにと告げられた・・・・



ここは、前にも書いたように
屋内退避圏外である。



だけど、将来あるお前たちは、
早く逃げろって言われた。


自分の身に何かが迫っている気にさえなった。


今まで仲良く楽しく過ごしてきた家族が
バラバラになる瞬間だった。




夫の姉の居る川崎に避難する事になった。




いわきから離れたくないし
家族とも離れたくないし



すごく悲しくて
すごく悔しくて



地震・津波・原発


3つの被災を受けた福島県。


風評被害も広がり始めた。



憤りを感じた。




それから数時間ご
義父・母と私の父・母が一緒に川崎へ向かっていると連絡が入った。


義父・母が
『生きていれば、これから何でもできるんだから、とりあえず避難しろ』


と知人に言われ、
確かにそうだ!と思って避難する事にしたらしい。


よかった・・・・


とりあえず別々に動いているけれど、
目的地が一緒になった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。